福岡ビジョナリーアーツ

福岡ビジョナリーアーツ

業界のトップスペシャリストが来校

プロのトリマー、トレーナーなど、各業界のトップスペシャリストを
定期的に講師として招き、授業を行っています。
学生にとっては、業界の裏側など、日頃耳にすることができない現場の声を聞く貴重な機会。
ワークショップ型の講義で、実践を交えながら直接指導を受けることができます。
現在講義を行ってくださっているスペシャリストの方々を、一部ご紹介します。

江頭 重知さん

トリマー(トリミングサロンDogMan オーナー)

トリマーという職業は技術職ではなく
サービス職だと思っています。

自己満足な仕事に陥らないように、犬はもちろん飼い主さまともできるだけコミュニケーションをとるようにしています。その犬のいいところはどこか?何か悩んでいることはないか?など、その犬のことをできるだけ共有したうえで、1頭1頭の魅力を最大限に引き出していくのが僕たちトリマーの仕事だと考えています。それは「犬も人も幸せにする仕事」だと思っています。ですから皆さんには技術も当然ながら“対話力”も磨いてほしいと思います。人と話すことでトリミングの世界はさらに広がるはずです。僕のサロンの店名「DogMan」にも、そうした思いが込められています。

大島 かおりさん

ドッグトレーナー(国際救助犬連盟公認審査員)

学生と共に災害救助犬を育てる。

訓練するのは、Vaで飼育している約80頭の学内犬。「ゴー!」「ストップ!」「シット!」など基本的な動作から始め、さまざまな障害物の上を歩いたり、常に人と一緒に行動することを教えます。時には遠出して、大自然の中で「かくれんぼゲーム」をすることも。これは学生が森の中や岩かげに隠れ、ワンコに探させるという訓練。学生のニオイをたどって、見事見つけることができたワンコには、ごほうびが待っています。「よくやったね」と、ほめてあげる。一緒にたくさん遊んであげる。すると嬉しくなって、もっと頑張り、どんどん成長していく。こうしてワンコと心を通わせ、信頼関係を深めていきながら、ワンコが皆さんと共に成長していくのです。

幸田 洋子 さん

ペットブティック ソーヨー オーナー

その技術の高さでペット業界でも有名な幸田さんには、本格的なショークリップを教えていただきます。数々のドッグショーで賞を獲得してきた幸田さんの技術、ショー用の特殊なカットやセットの仕方を学ぶことができる貴重な機会に学生も良い刺激を受けています。

末岡 賢志 さん

ドッグトレーナー ドッグスクールSue代表

訓練所では、「しつけ教室」や「わんこの保育園」「ペットホテル」も手掛けている末岡さん。授業でも、通常の訓練だけではなく「犬の扱い方」「パピー(子犬)のトレーニング」など幅広く教えていただいています。訓練方針は「楽しい訓練」ということでゲーム性のあるユニークな授業は学生に人気があります。

小野 裕之 さん

ペットショップ スタードッグス 代表取締役社長

ペット販売士であり、栄養学アドバイザー、ファイナンシャルプランナーでもある小野さん。ペットショップの運営や経営のノウハウをショップオーナーとしての目線から、学生にわかりやすく講義していただいています。また、犬猫の栄養面や食事、アレルギーに関しての内容や、ペットホテルに関しても教えていただいています。

村瀬 英博 さん

ドッグトレーナー

「村瀬ドッグトレーニングセンター」代表。1993年WUSV(世界シェパード犬連盟)世界選手権・日本代表など多くの国際大会に日本代表として出場し、入賞経験を持つ村瀬さん。「高い技術と正しい知識、多くの経験を持つドッグトレーナーは必要不可欠。質の高い仕事を目指す努力こそ、未来への可能性」との言葉に込められた“動物への愛”を教わります。

目時 久美子 さん

めときペットクリニック 院長

獣医師であり、動物病院の院長でもある目時さん。1年次では動物看護師を目指す上での学校生活の送り方、2年次では現場で求められる動物看護師についての講義をしていただきます。獣医師からのアドバイスで、就職に対する意識向上につながっています。

園田 眞一 さん

ハンドラー

日本では数少ないFCI(国際畜犬連盟)の全犬種審査員として国内外で活躍されている園田さんはJKC九州ブロック協議会会長も務め、ハンドラーとしての技術にも定評があります。学校では犬種ごとの特性や歴史を知るための犬学について講義をしていただいています。

大庭 俊幸 さん

ドッグトレーナー

日本ではほとんど知られていなかった、アジリティを日本に広めた第一人者である大庭さん。犬の気持ちになって、飼い主さまの気持ちになって考えること。同時に人間社会で犬が共生するために何が大事なのかなど、世界でもトップレベルの技術を、教えていただいています。

亀田 克彦 さん

ドッグトレーナー

ドッグトレーニング&アジリティクラブ「メリーレッグス」代表で、アジリティ世界選手権出場多数、JKCトレーナー・JKCアジリティ審査員を務められている亀田さん。人と犬とが心を通わせ、両者が対話することができたときの楽しさと素晴らしさを、一人でも多くの人に伝える「ドッグトレーナーの役割」を学びます。

吉田 誠司 さん

トリマー

フリーで活躍中の吉田さん。フリーのトリマーとは、実際にオーナーさんの家を訪問し、グルーミングやトリミングをする仕事。授業では、犬のカラーリングなどを披露してもらいます。「フリーのトリマーは数少ないですが、犬が自宅でリラックスしながらトリミングを受けることを望むオーナーさんが増えているため、注目されている職業です」と吉田さん。その言葉に、学生は目を輝かせていました。

青山 千佳 さん

獣医師

往診専門「AAC Aoyama Animal Clinic」院長。動物病院勤務の傍ら、ホリスティック医療を学ぶ青山さん。 言葉を話さない動物達と向き合い、飼い主さんと連携して治療に取り組むことはもちろん、ペット業界に携わるスペシャリストにとって「動物が病気にならないようにするためのケア」が必要不可欠だということを教えていただきます。

早原 由紀子 さん

トリマー

移動美容室「PET-CLiP」を経営する早原さんの授業では、車内でのトリミング方法や、実際にシャンプーからカットまでのデモンストレーションを見せてもらいます。早原さんはもともと一般のサロンに勤めていたトリマー。移動型トリミングサロンを開業したきっかけなど、貴重なお話を聞くことができます。自分のお店を持ちたいという夢を持つ学生からは、「早原さんのお話から将来が少し見えてきた」という声も。

亀田 直美 さん

ドッグトレーナー

2012年Cruftsのブリティッシュオープンで準優勝の成績を収められた亀田さん。世界で活躍するアジリティのスペシャリストとして学生たちの憧れの的です。ドッグトレーナー専攻の授業、クラブ活動のアジリティチームでもご指導をしていただき、トレーニングのスキルやコミュニケーションの大切さを教えていただきます。