福岡ビジョナリーアーツ

福岡ビジョナリーアーツ

業界のトップスペシャリストが来校

効果的な学習環境を提供するために、各業界のトップスペシャリストより、
業界の動きやカリキュラム等、あらゆる視点からアドバイスをしていただいています。
ときには特別講師として直接指導も受けることが可能です。

田村 好美 さん

メイクアップアーティスト

「hair make Deary」にてdirector&creatorを務める。4年間の美容師経験を積んだのち、ヘアメイクへと転身。現在は着付けやブライダルショーを手掛けています。福岡ビジョナリーアーツでは、1年生のヘアメイクの授業を担当し、へアメイクやドレスの基礎に加え、就職活動に適切なヘアメイクなどの指導も行っています。コースに関わらずウェディング業界に進むのであれば、挙式当日のヘアメイクの流れは知っておくべきことです。だからこそ、全員に真剣に取り組んでほしいと思っています。常に新しいことを勉強していける業界なので、私はずっと探究心を持ってヘアメイクの仕事に向き合ってこられました。ヘアメイクはお客様とダイレクトに感動を分かち合える世界です。自分の技術で、お客様を笑顔にしていけることが、一番の喜びだと感じています。人を喜ばせるのが好きな人にお勧めの分野ですよ。

石川 隆司 さん

ブライダル会場支配人

福岡ビジョナリーアーツの提携企業である株式会社ラックが運営するブライダルハウス「RITZ5」の支配人をしています。いまウェディング業界には、セレモニーを極力省略するという逆風が吹き始めています。しかし、だからこそ大切な家族・友人・職場の方々が「婚礼」の場で一堂に会するという、結婚式本来の意義や価値を見直すべきときでもあるのです。この時代、この仕事において最も求められているのは、人に喜んでいただく姿勢。お客さまのことを一心に考え行動していくプロセスで、きっと皆さんは生涯役に立つ「人生の指針」といったものを手に入れることができるでしょう。越えられないハードルはありません。

仲 咲希子 さん

ウェディングプランナー

株式会社ロイヤルパークホテルに入社、現在、「THEアルカディア太宰府」でウェディングプランナーを務めています。ウェディングプランナーは、新郎新婦さまの夢や思いを叶えるお手伝いをする仕事です。一生に一度の大切な結婚式なので、こだわりをもっている方ばかりです。私はそんなお2人の憧れを実現できるウェディングプランナーの仕事に誇りを持っています。お客さまのために何ができるかを常に考え続け、それがお2人の幸せとゲストの感動に結びつきます。皆さんがVaで過ごす2年間は、そのための準備期間。スキルを磨き、新郎新婦さまに結婚式の「素晴らしさ」を伝えてください。

安部 妙美 さん

婚礼衣装アドバイザー

婚礼貸衣装店「Dress Closet」のチーフ、株式会社稜甚(りょうじん)の専務取締役を務めています。ブライダルに携わる仕事に一番重要なのは「心」です。喜んでいただきたい!という「素直な心」。そしてお客さまの気持ちに「寄り添う心」がなければ、本当に喜んでいただけるサービスはできません。また自分が目指す仕事、商品、サービスに対し、「ときめく心」を持てるか? そうでなければ、自信を持って商品をお勧めすることもできないでしょう。この仕事を目指す方はきっと素敵な「心」をお持ちであると共に、これからのブライダル業界をもっと輝かしいものにしてくれる! と信じています。

𦚰 麻衣 さん

ウェディングプランナー

「WITH THE STYLE FUKUOKA」に入社後、ブライダルアシスタントを経て、現在はウェディングコンシェルジュというウェディングパーティーの満足度向上に特化したプランナーを務めています。ウェディングプランナーは、新郎新婦さまに「結婚式をしてよかった」と心から思っていただけるよう全力でお手伝いします。ウェディング業界は華やかなように見えて、体力勝負で大変な瞬間も多いです。しかし、やりがいや充実感を感じることのできる素晴らしい仕事です。ウェディングプランナーを目指している皆さんも、センスを磨いたり多くのことに挑戦するなど、さまざまなことにアンテナを張ってがんばってほしいです。

木下 佳奈 さん

プランナー

株式会社 Plan Do Seeでプランナーとして活躍し、現在はフリーでプランナーやコンサルタントの仕事をしています。福岡ビジョナリーアーツでは、プランニングの仕方を中心に打ち合わせのノウハウを教えています。結婚式を挙げるまでの道のりには、それぞれのカップルの数だけストーリーがあります。それは新郎新婦だけでなく、ご両親、ゲストの方々も関わって初めて生まれるものです。だからこそ、会場にいる全ての人が幸せを共有できる瞬間をつくるために、全身全霊を傾けることが必要だと信じています。その先にある、お客様の笑顔や「ありがとう」の言葉は、格別のものです。皆さんも、だれかの幸せのために一生懸命になってみませんか?

中間 竜太朗 さん

(株)クォーターズ代表取締役

レストラン・バンケット・ホテルの企画運営を行うとともに、戦略的な空間デザイン・ストーリーメイク・サービスオペレーションの構築などのコンサルティングサービスから、 営業・教育・採用・財務・IPO支援までウェディングに関連する幅広いサービスを提供しています。福岡ビジョナリーアーツでは、マネージメントやマーケティングを中心にブライダルフェアのノウハウやPRの方法、集客から新規のお客様への接客まで幅広く教えています。愛する商品を仕事にできる幸せを、社会人になって初めて感じます。皆さんの愛する商品がウェディングであれば、自分の感性を信じて、一緒にすばらしい2年間を過ごしましょう。

林 伊都子 さん

フローリスト

「Une Graine(アングレンヌ)」にてフローリストを務め、結婚式、披露宴などのパーティー、オフィスやお店のための装飾を手掛けています。Une Graineは、フランス語で「種」を意味します。種は、芽をだし、根を張り、葉を茂らせ、何度も可憐な花を咲かせます。わたしたちも、毎日、店内いっぱいに国内外の花々を咲かせて、何度でもみなさまへ美しい花をお届けする。そんな、種のような存在でありたいと願っています。ブライダルやお店に来てくださった方、レッスンに来られる生徒の方々に、様々なシーンで必要とされるお花をセレクトし、お花の素晴らしさを伝えていくことがフローリストのあるべき姿だと思います。皆様が一歩ずつ確実に前へ進んで行かれることを願っています。