福岡ビジョナリーアーツ

福岡ビジョナリーアーツ

在校生

2年間の学生生活はあっという間。ただ授業を受けるだけじゃ物足りない。
Vaの学生は欲張りです。短い期間で少しでも成長したい。
そんな想いが叶う場所。それが福岡ビジョナリーアーツです。

西 紫琴 さん

ドッググルーミング専攻

お客様の笑顔があるから頑張れる

学生のペットサロンで店長を務めています。お客様によってもちろん要望は違うので、難しいこともあるけれど、様々なカットを実践できるのが楽しい。お客様から直接、喜びの声をいただけた時は、大きな自信につながります。

城村 萌香 さん

ドッググルーミング専攻

体調管理はとても難しい!

担当犬マルを育ててきて一番難しいと感じた事は「体調管理」。食欲がなかったり、涙やけがでてしまったり、問題点を改善することが大変でした。でもそのおかげでたくさん勉強して、今までよりはるかに知識が身に付き、対応できるようになりました。

富岡 志帆 さん

ドッグトレーナー専攻

ワンコの性格を読み取ること

担当犬を育てる上で、ワンコの性格に合った誉め方や叱り方ができるよう努力しています。毎日のお世話を通し、担当犬とだんだん心が通じ合っていくのが嬉しい。甘えられたりすると「かわいい!」って心から思います。

蔵ヶ崎 祥伍 さん

ドッグトレーナー専攻

ワンコによってトレーニング方法はさまざま!

担当犬チェルシーと一緒に学校生活を送ることで、チェルシーと他のワンコとの相違点が見えてきました。1頭1頭性格も異なり、その性格によって接し方やトレーニング方法も変化させなければいけないということを、身を持って学ぶ事ができました。

甲斐 百香さん

動物看護専攻

子犬の成長は大きな喜びに

学内犬たちは一頭一頭体質や性格が違い、たくさんのワンコの健康を管理するのは大変。ですが、様々な病気の予防やケアを学ぶことができます。また、看護の知識だけでなくトレーニングの技術も大切だと実感しています。

吉田 理華 さん

動物理学療法専攻

ワンコの介護を学びたい

ワンコのリハビリや介護に興味があります。高校生の頃、後ろ足が動かなくなったワンコが、車いすをつけて元気に走ることができるようになったという映像を見て感動しました。ワンコの介護ももっと発展してほしいと思っています。

沖 和 さん

ペットフード専攻

根気強くトレーニングを続けてよかった!

担当犬キナコは、アメリカン・コッカー・スパニエルで、大きくて力持ち。グルーミングをする時は、特に大変。指示に従ってもらうために、トレーニングも苦労しました。くじけそうになったこともあるけど、諦めず続けてきたので今では自分に一番心を開いてくれるように。本当に嬉しいことです。