福岡ビジョナリーアーツ

福岡ビジョナリーアーツ

  1. ホーム
  2. Va Life Style
  3. 動物の赤ちゃんが続々入学!学校がますます賑やかに

Va Life Style

動物の赤ちゃんが続々入学!学校がますます賑やかに

子犬に小動物、魚も!動物の赤ちゃんが入学しました

 

たくさんの動物とふれあえるビジョナリーアーツ。学生がただ動物達のお世話をするのではなく、学生自身の手で「動物を育てる」学びを実践しています。赤ちゃんの頃からしっかり大人になるまで・・・成長の過程を一緒に過ごせる喜びは、2年間の大きな財産となります。そんな中から、最近福岡校に入学してきた動物の赤ちゃん達を3頭ご紹介します!

 

まずはパピー(子犬)から。

ラサアプソの「あんこ」。ラサアプソという犬種が福岡校に入学してくるのは実は初めて!この犬種ならではの特性や、あんこにしかない個性を今からしっかり見極めていきます。子犬がまず経験するしつけのひとつがトイレトレーニング。根気のいるトレーニングですが、そこも学生達が行なっていきます。

 

こちらはプレーリードッグの「いちみ」ちゃん。

アニマルビレッジには既に先輩プレーリーの「ごま」と「しお」がいるので、その子たちと仲良くなれるようにと同じ薬味・調味料つながりの名前になりました!ビジョナリーアーツの動物たちは食べ物の名前から付けられることが多いのですが、学生たちが愛情を込めて付けてくれています。

 

そしてアフリカオオコノハズクの「キョロ」ちゃん。

大きな鮮やかな目が特徴的ですが、体長が20cm程度とマスコットのような可愛さです。アニマルビレッジに遊びに来てくれるお客様とふれあってもらえるようにこれからトレーニング。いずれは出張動物園やフライトショーの「人が大好き」になってくれるように愛情をたくさん注いでいきます。

 

まもなく、アクアリウムパークにもタツノオトシゴやチンナナゴも入学予定です!命の大切さを教えてくれる彼らは、学生達にとってかけがえのないパートナーです。