福岡ビジョナリーアーツ

福岡ビジョナリーアーツ

  1. ホーム
  2. Va Life Style
  3. ニャンコのシャンプー

Va Life Style

Visionary Artsだからできる学生生活

2年間のVaライフ、それは毎日の授業だけではありません。 実践型の授業や企業とのコラボレーション、ボランティア活動など、 このコンテンツでは2年間で体験する、さまざまなシーンを取り上げていきます。

ニャンコのシャンプー

猫って想像以上にデリケート

今回はドッググルーミング専攻を対象としたニャンコのシャンプー授業の様子をお伝えします。
「猫は水を嫌がるのに、どうやってシャンプーをするの?」といった質問はとても多いです。けれど、現在のペットサロンではワンコだけではなく、ニャンコのグルーミングも行っているお店が増えてきました。
もちろんビジョナリーアーツでも、ワンコだけではなく、ニャンコのグルーミングも対応できるように授業で取り組んでいます。

「お湯をかける時は、体の後ろの方からゆっくりとかけ始め、徐々に慣らしていってね。」と、開始早々先生の声が飛びました。
さらに先生からアドバイスが。最も注意しなければいけないポイント、それは『水音』のようです。学生たちはワンコのシャンプーと同じようにお湯を出そうとしていましたが、これは間違い。

猫は音にとても敏感。シャワーの『シャーッ』という音は、実は猫が怒った時の威嚇の声と同じ音の高さだから気を付けなければならないとのこと。音を聞いて猫が嫌がらないように、シャワーをかける場合には『チョロチョロ』と出る位が丁度良いそうです。
学生も「猫って想像以上にデリケートで難しいですね。」とワンコとの違いに戸惑っていました。
他にも「シャワーを地肌に近づけ水を弾かせない」「短毛の場合、乾かすときはタオルだけでドライヤーは使わなくても良い」「ドライヤーを使う場合は、身体から30センチ以上離して乾かす」などなど。学生たちはメモを取る間を惜しんで、先生のアドバイスを聞きながら作業に没頭していました。

授業が終わり、学生たちは覚えているうちに先生の話をノートにまとめていました。
「ワンコには慣れているんですけれど、ニャンコは難しいですね。インターンシップで行ったサロンでは、猫のお客様も多く来られていましたので、良い勉強になりました。」「放課後の自主練でもニャンコのグルーミングをやっていきたいと思います!」とやる気を出していました。

これからも頑張って、ワンコもニャンコも出来るグルーマーを目指してくださいね!